朝鮮半島終戦平和キャンペーン 1月19日 新年記者会見

記事⇒https://endthekoreanwar.net/posts/94 

朝鮮半島終戦平和キャンペーンは、2022年の新年を迎えた1月19日(水)、新年記者会見「休戦協定締結70年になる前に、朝鮮戦争を終わらせましょう!」を開催。来年の休戦協定締結70年になる前、朝鮮戦争を終結させ、敵対と不信、新冷戦の構図を取り除き、和解と協力の道に進むことを求めました。

20220119_韓半島終戦平和キャンペーン新年記者会見

朝鮮半島終戦平和キャンペーンは、南北、米朝対話と交渉が中断して以降、朝鮮半島に軍事的緊張が再び高まっており、より深化する米中間の葛藤により東アジアの平和の危機に瀕している現実を憂慮し、

△南・北・米・中は休戦協定70年になる前に朝鮮戦争を公式に終結して、敵対と不信の時代に終止符を打ち、関係改善に進む必要がある事

△コロナ危機と気候危機に対応できる水準で朝鮮への人道的支援を行い制裁を緩和すべきである事

△今年の春、米韓軍事訓練を中止、軍事的緊張状態を緩和し、戦争の危機を実質的に解消する努力が必要である事

を強調しました。

 さらに、第20代大統領選挙の候補者たちが、これまでの南北・北米合意を尊重し履行すると約束することや、<朝鮮半島平和宣言Korea Peace Appeal>署名に賛同し、終戦と平和に積極的に取り組むことを強く促しました。

この日の記者会見には、カン・ジュソク韓国カトリック教会民族和解委員会総務神父、ナ・ヘクジプ韓国教会終戦平和運動本部本部長、オム・エスダー韓国YWCA連合会実行委員、イ・ジュソン対北朝鮮協力民間団体協議会事務総長、チンヨンジョン市民社会団体連帯会共同代表、ハン・ソンナム平和の風活動家など各界の活動家が発言者として参加し、朝鮮半島平和のために積極的な活動をしていくという決意を明らかにし、全世界の市民の参加を要請しました。 記者会見後、参加者らは「2022年韓半島の終戦と平和」祈願の拍手パフォーマンスを行い、「2022年、黒い虎の気運で韓半島の終戦と平和を成し遂げよう」と誓いました。

韓半島終戦平和キャンペーン新年記者会見文

停戦協定締結70年になる前に、私たちが朝鮮戦争を終わらせましょう!

2022年、黒い虎の大きな一歩で朝鮮半島の終戦と平和を成し遂げましょう。 休戦協定締結70年になる前に、朝鮮戦争を終息させ、敵対、不信、新冷戦の構図を取り除き、和解と協力の道に進みましょう。

私たちは、2018年板門店で会談した南北首脳が、朝鮮半島ではこれ以上戦争はなく、新しい平和の時代が切り開かれたことを明らかにした4・27宣言の胸いっぱいの感動を記憶しています。 両首脳が非正常な停戦状態を終息させ、確固たる和平体制を樹立するために、「停戦協定締結65年になる同年、終戦を宣言し、停戦協定を和平協定に転換」することで合意しましたが、結局、現実にはなりませんでした。

一方、政府間交渉だけに任せるのではなく、市民が平和の牽引役を果たそうという朝鮮半島終戦平和キャンペーンやコリアピースメーカーたちは、2020年7月<朝鮮半島平和宣言Korea Peace Appeal>を発表し、終戦と平和のために行動してきました。 コロナ危機にもかかわらず、街頭キャンペーンとオンライン活動を通じて地域と国境を越え、署名参加と宣言支持活動を続けていますが、現実は容易ではありません。

2022年に私たちは大統領選挙を行うことになります。 すべての候補たちが朝鮮半島の終戦と平和に積極的に乗り出すことを求めます。 朝鮮半島をめぐる長年の敵対と不信を取り除き、板門店宣言とシンガポール共同声明で合意した新しい関係に進まなければなりません。 2023年に休戦協定締結70年になる前、軍事的緊張と軍備競争の悪循環の輪を断ち切り、朝鮮半島の信頼構築と和解・協力の道に進む果敢な転換が必要です。 このような転換は、米中競争が新冷戦として固まらず、相互尊重と協力の方向へと進む政治的契機になり得ます。

我々は1年前に就任したバイデン大統領が、北米首脳が合意したシンガポール共同声明の勢いを生かし、新たな北米関係を樹立していくことを促してきました。 しかし、バイデン政府は朝鮮に対して、「条件のない対話に乗り出す準備ができている」と言いながらも、「民主主義と人権」を掲げて制裁を追加し、朝鮮を孤立させる政策を固守しています。 オバマ政権時の戦略的忍耐政策は朝鮮の核・ミサイル計画を中止させることができず、軍事的脅威と制裁はさらに大きな軍事的緊張をもたらしました。 これまでの北米関係の歴史は、積極的な信頼構築措置が朝鮮半島の危機と軍事的緊張を減少させてきたことを示しています。 にもかかわらず、バイデン政府は、過去に失敗した政策から脱することができず、朝鮮半島の危機を解決できる絶好の1年という時間を無駄にしてしまいました。 むしろ私たちはこの期間、米中間の政治、経済、軍事など多方面において対立と不信が大きくなる状況に直面しました。 このような米中競争が、停戦状態の朝鮮半島とその周辺地域で新冷戦として定着するのではないかという懸念が大きくあります。

さらに、韓国と朝鮮のミサイル発射実験と軍備増強が、新たな危機を招くのではないかと非常に憂慮しています。 軍事費支出世界10位の韓国の今年の国防費は54兆6千億ウォンに達します。 これはコロナ危機が発生する前の朝鮮の国内総生産(GDP)の1.5倍に達します。 文在寅政府の5年間、過去最大の国防費の増額と、最先端兵器の導入は、朝鮮半島の信頼構築と平和プロセスを進展させるのに障害となりました。 対話と交渉が止まっている間、朝鮮はミサイルの性能改良など「自衛力の確保」を掲げた軍事力増強に力を注いでいます。 コロナ危機と気候危機を解決するのに使うべき資源を南北間の不信と敵対を触発するのに使うのは愚かで危険なことです。

朝鮮半島の終戦と平和構築は、軍備競争と核拡散の悪循環を断ち切り、米中間の新冷戦の危険を減少させ、朝鮮半島と周辺地域に和解と協力を促すことになるでしょう。 2017年冬、文在寅大統領が翌年の春に開かれる予定の韓米合同軍事演習の延期を提案し、2018年の新年に金正恩(キム・ジョンウン)委員長が平昌(ピョンチャン)冬季五輪への参加を提案し、朝鮮半島平和の春を切り開いた歴史を我々は覚えています。

朝鮮戦争、70年はもう長すぎます。 <朝鮮半島平和宣言Korea Peace Appeal>を拡大させるために行動する韓国のピースメーカーたちは、韓半島住民と世界市民の平和への意志を込め、次のように要求します。

南・北・米・中は休戦協定70年になる前に、朝鮮戦争を公式的に終結させ、敵対と不信の時代にピリオドを打ち、関係改善に向かわなければなりません。 信頼に基づき、新しい関係へと転換していくことが、朝鮮半島問題解決の基礎であり鍵です。 国際社会は朝鮮半島の終戦を支持することで制裁と孤立化ではなく、和解と協力の朝鮮半島平和の旅程に共にすることを望みます。

コロナ感染症の危機と気候危機に対応できるレベルの朝鮮に対する人道的支援が必要です。 人道的支援は政治・軍事的状況に関係なく実施されなければならず、適時に必要な水準で実施されなければなりません。 国際社会はコロナ対応に必要なワクチンと治療剤を朝鮮に供給し、感染症と気候危機に対応できるよう対朝鮮制裁を緩和しなければなりません。

今春、韓米連合軍事演習を中止し、軍事的緊張状態を緩和することで戦争の危険性を実質的に解消する努力が必要です。 武力デモが武力デモを招く悪循環の輪を断ち切らなければなりません。 圧倒的な国防費と軍事力を保有する米国と韓国がまず年次連合軍事演習を中止し、軍事的信頼構築に乗り出さなければなりません。

韓国第20代大統領選挙候補たちが「朝鮮半島平和宣言」に参加し、終戦と平和に積極的に取り組むことを促します。 板門店宣言とシンガポールの共同声明をはじめとし、南北、北米首脳が苦労して結んだ今までの合意を尊重し、履行することを約束しなければなりません。 2023年の休戦協定締結70年になる前に、朝鮮戦争を終わらせ、朝鮮半島の信頼構築と和解・協力の道に進むための構想と政策を提示することを求めます。

私たちコリアピースメーカーは、朝鮮半島の住民と平和を愛好する世界中の市民に訴えます。 朝鮮半島平和宣言 Korea Peace Appealを広く知らせ、署名を広げて休戦協定70年になる前に朝鮮半島の終戦と平和を作り出しましょう。 2022年、虎の大きな歩みで敵対と不信の時

代にピリオドを打ち、和解と協力の時代に突き進みましょう。

2022年1月19日