【介護保険改悪反対署名2068筆を提出!】現場の声を厚労省につきつけ鋭く追及─もっと多くの声を集め、改悪させない運動を強めましょう

介護保険改悪反対署名、2068筆を提出!

「要介護者を切り捨てる介護保険改悪反対の署名」2068筆(ネット署名と紙の署名の合計)を12月13日に厚労省に提出し、改悪反対の要請を行いました。ご協力ありがとうございます。

「要介護1・2の介護保険はずし」「ケアプラン作成の有料化」については、「慎重、推進の意見があり検討中」と繰り返す担当者に、マスコミ報道の真意も含めて鋭く追及。

見送るとの明言はありませんでしたが、法改正が必要なので期限に間に合わなければ提案できないと、見送りを認めるような発言を引き出しました。

参加者からは、「今、利用料が月2万円、倍の4万円になれば今までの支援を受けられない」「利用者の半数は要介護1・2の認知症の方、介護保険外しは、必要なサービスが打ち切られ認知症状が進む、反対」の声。西宮のケアマネージャからの「介護サービス利用料2割負担拡大反対抜本的な介護制度設計への転換を求める意見書」の提出も行いました。

もっと多くの声を集め、改悪させない運動を強めましょう

12月20日、社会保障審議会介護保険部会は「介護保険制度の見直しに関する意見」を発表しました。

「要介護1・2の介護保険外し」「ケアプラン作成の有料化」は2024年度の改定は見送り、27年度に結論を出すと先送りになりました。

しかし、保険料の値上げ、利用料の2割負担の収入基準の引き下げ、老健などの相部屋の有料化などは、来年夏までに結論を出すことを要請しています。

多くの反対の声が、全面改悪を見送らせましたが、給付削減、負担増についての動きは続いています。23年も運動を強めましょう。